« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の記事

ワクチンの大切さを再確認した話

こんにちは。
松阪市のいぬどころの植杉です。

今日は朝からワクチンの大切さを再確認する話を、お客さんから聞くことができました。
わんちゃんが亡くなってしまう悲しい話です。

今年、2016年は雨が多くうっとうしい日が続いています。
子供達の運動会も延期になったという話をよく聞きました。

亡くなったわんちゃんは伊勢市に住んでたんですが、これは松阪市でもどこでも起こりうる事です。
この方をAさんとします。

Aさんはトイプードルを飼っていました。雨の晴れ間に散歩に出かけたんですね。
雨上がりの散歩に行くといつも水たまりの水を飲むのがクセだったんです。
飼い主さんも嫌やなと思いながらも、あんまり引っ張りながら散歩するのも可哀想かなと飲ませていたらしいんです。

いままで、それで何ともなく過ぎてきたそうです。
何事もなく生活していればそれは習慣になり危機感もなくなります。

わんちゃんは突然元気が無くなってしまいました。
食べない、飲まない、起きてこない。
飼い主さんは心配になり獣医さんに連れて行きました。
その日のうちに即入院。
腎不全を起こしておしっこが出なくなり入院から3日後に退院する事なく亡くなってしまいました。

結果からいうと「レプトスピラ」という病気にかかっていました。

レプトスピラはネズミやタヌキやシカなどの野生動物が宿主で、それらのおしっこなどから感染します。

今回の件は、長く続いた雨で山から流れ出た水にレプトスピラで汚染されてしまったと考えられます。

いつもの散歩で犬が死んでしまう。
危険はすぐそこに潜んでいる。


だから知識を持って予防しておかなければなりません。

レプトスピラにはワクチンが存在するのですが、皆さんワクチンを打っているからといって安心はできませんよ。

レプトスピラワクチンは7種混合以上にならないと入っていません。
5種混合や3種混合では意味がありません。

さらにもう一つ怖い話。
レプトスピラはズーノーシスといって、人畜共通感染症の一つです。
人にも感染します。

レプトスピラが松阪や伊勢で蔓延する事も考えられなくはないのです。

覚えておいてくださいね。
知っておくだけで身を守ることができます。
自分も家族も。



余談ですが・・・
先週、保健所の講習会に行ってきました。
20年くらい前でしたか?
関西でセカアゴケグモという、背中に赤いコケの生えたような、小さな黒いクモが海外から船に乗ってやって来たとニュースになりました。
ニュースなるのは、このクモに毒があるから。
そのクモ、すでに松阪でも見つかっているようですよ。
ドブ板の裏とか、普通のクモに混じって生息しているようです。

知っておいてくださいね。

あちこち危険が転がっています。


いぬどころからのお知らせでした。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

カテゴリー

いぬどころグループ

無料ブログはココログ